本物のオーガニックコスメの見分け方は簡単!マークがあるか無いかだけ!

Pocket

『オーガニック成分配合』とか『オーガニック植物エキスのチカラ』とかよく見かけますよね。

そう!『なんちゃってオーガニックコスメ』。貴方も騙されているかもしれない、そんなオーガニック製品の簡単な見分け方と本物の証(マーク)を詳しく見ていきます。

そもそもオーガニックの正しい意味は?

知っているようで知らない本当の意味。本来、『オーガニック』という言葉農業から来ています。

化学肥料や農薬を一切使わずに育てた植物、農産物をいいます。つまりオーガニック野菜=化学的なモノは使わずに育てた安全な野菜といえます。

ちなみに各国のオーガニック認証機関が定めている定義によると、過去3年にさかのぼって化学肥料や農薬を使っていない農地から収穫された植物や農産物をオーガニックといいます。

野菜そのものはもちろんその植物が育つ土地も安心・安全でなければ本当のオーガニックとは認めないという事なのです。

コスメ・ヘアケアでのオーガニックとはどんな製品なの?

上記のように『オーガニックの食べ物』が体に良いというのは容易に想像がつきます。

ではコスメやヘアケア製品でのオーガニックとは一体どういう事なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

化学の最先端の成分を配合した製品と植物由来の成分を配合した製品

コスメやヘアケア製品は大きく分けてこの2種類に分類できます。

『化学的な力をかりて美しくなるコスメ』は例えるならインフルエンザにかかったときの『タミフル』のような存在です。効果抜群ですぐに結果が出ます。そのかわり、思いも寄らぬ副作用が出てしまう事も、、、これが化学成分コスメといえます。

それに対して『植物由来の成分でできたコスメ』は少し違います。例えるならインフルエンザにかからないように健康で免疫力のある身体にしていく事、本来自分の持っている力を引き出す事が『植物由来の成分』です。しかし、即効性はありません。続ける事で徐々に効果が現れます。

オーガニック製品はまさに後者のことですよね。使い続ける事であなた本来の美しさを引き出してくれます。

アレルギーを引き起こす可能性のある化学成分は使用禁止

本物のオーガニック製品にはアレルギーを引き起こす可能性がある化学成分は入っていません。例えば、コスメやシャンプーなどに使われている防腐剤『パラベン』は使用していませんし、石油由来の成分もほとんどが禁止されています。

その他にも

  • 動物実験の禁止
  • 再生可能エネルギー(水力、風力、太陽光発電)で作られている製品しか認めない
  • 製品が入っている箱やパッケージは再生紙を必ず使用する

など厳しい基準が定められています。

オーガニック製品にも本物となんちゃって(偽物)がある!

さて本題に入ります。あなたも一度は使ったことがあるオーガニックコスメ・ヘアケア製品は偽物です。多分

誤解を恐れずに言うとドラッグストア、薬局で売られている『オーガニック製品』は全部なんちゃって(偽物)。

例えば、ドラッグストアや薬局でよく目にする『ボタニストシャンプー』。内容成分を見てみると、確かにオーガニック成分を配合してます。〇〇エキスとか〇〇オイルとか植物の名前がツラツラと書いてありますよね。

しかし、その他は何かしら化学的な成分が書いてあります。これがアウト!石油由来、もしくは禁止されている成分が配合されています。コスメも然りです。

どうやって本物を見分ければいいの?

そう思いますよね!?実はちょー簡単!なんです。それは、、、

本物にしか押されないマークがあるのです。

『オーガニック認証マーク』といいます。このマークがある製品は「本物のオーガニックですよ!」というお墨付きです。ではいくつかを見てみましょう。

見たことありますか?本物のオーガニック製品にはボトルや成分表示のところにこれらのマークが必ず付いています

左から『BDIH(ドイツ)』『BIO(フランス)』『ECOCERT(フランス)』『ICEA(イタリア)』『SOIL ASSOCIATION (イギリス)』

マークの違いはそれぞれの国によってオーガニックの認証マークが違います。もう少し分かりやすく説明しますね。

それぞれの国ごとに本物のオーガニック製品かどうかを審査する機関があります。その機関の厳しい審査をクリアした製品にマークが付く、という訳です。

このマークこそが『本物の証』であり、安心・安全の保証にもなっているのです。

主な国ごとの認証マークを紹介

それではメジャーな各国の認証マークを見ていきましょう。貴方の使っているコスメ・ヘアケア製品にこのマークがあったら、、、本物です!

例えば、メイドインフランスのオーガニックコスメを使っているとします。その場合は『フランスの認証マークが付いている』ということです。無ければ『なんちゃって』という事になります。

フランス『エコサート』

ドイツ『ビー・ディー・アイ・エイチ』

イタリア『イチェア』

イギリス『ソイル・アソシエーション』

アメリカ『ユー・エス・ディー・エー』

オーストラリア『オーストラリアン・サーティファイド・オーガニック』

まだまだたくさんありますので気になったマークが付いていたら調べてみると面白いですよ!

私が使っているのはイタリア製のこちら。

ちゃんと『イチェア』のマークが入ってますね!

皆さんご存知のオーガニックで有名な『ロク〇タン』、あれはフランス製ですが、なんと認証マークは付いていません笑

最近では『ジョンマスターオーガニック』が内容成分の偽装で問題になりました。アメリカの『USDA』マークが付いていたものの何と全く違う成分だったそうです。詳しく知りたい方はこちら

ジョンマスターの偽装のなぜ!?の記事

まとめ

いかがでしたか?オーガニック製品にも実は『本物となんちゃって』があったなんて驚きですよね!是非購入の際に参考にしてみて下さいね。

マークを見つけると思わず嬉しくなっちゃいますよ!では楽しオーガニックライフを!

こちらも良く読まれています↓

おすすめの本物オーガニックコスメ4選!の記事

Pocket

The following two tabs change content below.
morizo

morizo

東京練馬で美容師してます。得意分野は髪に優しいオーガニックカラー・ヘアアレンジ。美容師の傍らYouTube動画配信、仮想通貨トレーダーもやっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。