巻き髪をする前にオイルはつけても大丈夫!外人風濡れたウェーブはこう作る!

美容師が厳選!オススメなアイテム

けっこう間違えてる人が多い『巻き髪とオイル』の関係。どのサイトを見てもオイルをつけた後にコテで巻くと、、、焦げる、傷む、焼けると書いてあります。

 

しかし、巻き髪やウェーブを作る上で濡れたような質感を出すには、、、オイルをあとづけしてもいい質感になりません。

 

もり子さん
もり子さん

いい感じの濡れ髪スタイルのやり方を教えて〜!

 

濡れた質感にするにはどうすれば良いのか解説します。

巻く前にオイルを少量つける

巻く前にオイルを少量つけてください。

 

なるべくムラのないように髪の中間から毛先にかけて、少し濡れたような質感になるのがベストです。

 

 

写真のようにパサつきが感じないくらいにオイルをつけたら巻いていくのですが、、、

 

もり子さん
もり子さん

結構しっかりつけるんだね!

 

いつものように巻くと傷む!

ここでいつものようにコテで巻くと、、、かなり傷みます。オイルは熱伝導率が高いため、髪にかなりの熱による負担がかかるのです。

 

当たり前ですが、200℃のコテにオイルをつけたら、、、髪はフライされてしまいます。しかもこんがりと。

ですので、コテの温度を下げてください。120℃〜140℃くらいがちょうどいいです。

 

アイロンやコテの温度は通常180℃〜200℃で使うことが多いと思います。毎日使うという人もいると思いますが、、、とにかく傷みます。

 

髪の毛 はタンパク質からできているので高温になると固くなってしまいます。ですので毎日アイロンやコテを使っている人は髪が少し固くてパサパサしているのではないでしょうか?

 

ドライヤーも同じです。あまり高温な風を長時間髪に当てていると、、、固くなりゴワついてきます。

 

もり子さん
もり子さん

確かに巻き始めてから硬くなった気がする、、、

 

と言うわけでコテで巻くときは120℃〜140℃くらいがおすすめです。でも1つ問題が、、、温度が低いとうまく巻けない、コテの跡がつきにくいのです。。。

髪の束は少なめで巻く

そこでやってほしい方法が『巻く毛束はいつもより少なめに』です。

 

低温のコテで巻いていく場合、この毛束の量は重要です。

 

あまり毛束の量が多いと言うまでもなくカールがつきません。オイルがついている分カールはさらにつきにくいです。

 

ですので普段巻く量の半分くらいがベストです。そして毛束をコテに巻き込み、5秒ほどおいて外していきます。

カールがつかない時の原因と対処法は?

濡れ髪カールを作るときによくある失敗として、『カールがつかない』『コテをあてるとジューっと白い蒸気が出る』。この2つが多いですね。

 

まず『カールがつかない』時の対処法としては、温度はそのままでコテで巻く時間を長めにおいてみて下さい。5秒〜10秒ほどが目安です。

 

それだけでカールがしっかりとつく場合が多いです。まずは焦らず時間をかけて巻いてください。

 

もう一つの対処法は髪にオイルが多くつき過ぎているとコテで巻いてもカールが出ない場合があります。ベタベタにオイルをつけ過ぎないように注意して下さいね!

 

もしつけ過ぎてしまった場合はドライヤーで乾かしてオイルを少し飛ばしてあげる、タオルで軽く拭きとってあげると良いです。

 

『コテをあてるとジューっと白い蒸気が出る』時の原因としては、、、

 

・コテの温度が高すぎる

・髪に余分な水分が残っている

 

この2つが考えられますので、コテは120〜140℃にしっかりと設定してください。また、水分はしっかり飛ばしてオイルをつけるといいでしょう。

濡れ髪風の髪を作れるおすすめのコテ

コテはどうしても髪に負担がかかり傷んでしまいます。温度を下げて髪になるべく負担をかけなくすることもできまが、、、

 

『髪が傷まないコテ』があるのでご紹介します。

 

リュミエリーナ社の『ヘアビューロン』です。

美容室でもかなり使われているコテです。見たことがある人も多いと思います。

 

もり子さん
もり子さん

見たことあるある!

 

バイオプログラミング技術により、巻いても髪が傷みません。多くの美容師が愛用しているアイテムです。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

 

サイズは34mmと26.5mmがあります。個人的には26.5mmが使いやすいですね。34mmはゆる巻き専用といったところです。

濡れ髪をつくるならオイルも重要

コテはなるべく傷まない物を使うのは言うまでもありませんが、、、オイル選びもかなり重要になってきます。

 

濡れ髪スタイルを作るにはオイルのサラサラ感がキモです。

 

もり子さん
もり子さん

サラサラ感てどういう事?

 

オイルのサラサラ感とは、粘性の事。

 

オイルの中でもトロッとしたタイプの物はおすすめしません。より液体に近いサラサラしたオイルが向いています。

 

トロッとしたオイルは濡れ髪スタイルを作る場合、ベタつきやすく髪に均一に伸びにくいです。

 

ですのでより液体に近いオイルを選びましょう。モリイズミのおすすめは、、、

 

『エヌドット ポリッシュオイル』と『モロッカンオイル』です。どちらも伸びがよく、ツヤが綺麗に出てくれます。

 

美容室で使われている事も多い信頼できるオイルと言えます。

 

もり子さん
もり子さん

香りもいいんですよねー!

 

気になる方はチェックしてみてください。

 仕上がりはこんな感じ

濡れ髪風の巻き髪が成功するとこんな感じの仕上がりになります。

ツヤ、濡れ感、束感があり、カールもしっかりとありますよね。この感じが出れば大成功です。

 

巻き髪は、上手くいかない!という声をよく聞きますが練習あるのみです。初めからはなかなかいい感じになりません。

 

でも回数を重ねると誰でも上手くいくようになります。諦めずにやってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?オイルをうまく使って巻けば簡単に濡れ髪風スタイルが手に入ります。ぜひやってみてくださいね。

 

こちらの記事もよく読まれています

ヘアカラーを普段の2倍長持ちさせてカラー代を浮かせる方法!
「カラーしたのにすぐ色が落ちちゃう!」一度はそんな経験をした事があるのではないでしょうか? このブログでなぜすぐにカラーが落ちるのか、長持ちさせるにはどうしたらいいのかを見ていきましょう!
色持ちが凄い!スロウアッシュシャンプーを試してみたら色が入り過ぎてビックリした!
スロウ(throw)アッシュシャンプー。話題沸騰な紫シャンプーを実際に他のメーカーの紫シャンプーと使い比べてみました。 モリイズミ 予想以上に凄い結果が!ぜひご覧くださいね!
The following two tabs change content below.
モリイズミ

モリイズミ

東京練馬のLien hairで美容師の傍らYouTube動画配信、ブロガーもやっております。『美容師が美容師を活かして美容師以外の方法で稼ぐ方法』を自ら実験中。 髪のお悩み、相談はお気軽にどうぞ(^^)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。